治験コーディネーターのお仕事紹介:資格&収入事情など

治験コーディネーターについて

治験コーディネーターという耳慣れない職業があります。薬の開発に関して治験を行いますが、治験に参加する患者に対して注意点などを伝えます。医師に対しては、その実験におけるサポートを行うことを主にしています。
30代の助産師転職事情

さて治験とはどんなことなのでしょう。新薬の開発において、その薬剤を動物や人間に投与し、有効性や副作用の有無などを確認します。そして有効性や安全性が確立後、ようやく新薬として出ることができます。つまり治験とは薬を開発し、世の中に出るまでの過程のひとつなのです。

新薬とは治験を行うことでしかその有効性や安全性は確認できません。そのため、治験を受ける患者さんの中には不安がある方もいます。その患者の不安を取り除き、相談を受ける役割があります。治験コーディネーターには、ある業務を正確に素早くこなす能力と、高いコミュニケーション能力が求められています。

もちろんその他にも雑多な業務、たとえば治験のスケジュール管理や、症例の報告書作成について補助をすることも仕事の一部です。治験コーディネーターとは、治験に関わる全ての人たちの間に立ち、円滑に治験が行われるように調整をするという、忙しく重要なお仕事です。

では治験コーディネーターにあるためには資格は必要なのでしょうか。治験を行う上で専用の資格はありませんが、日本臨床薬理学会が行う認定資格はあります。この認定資格を得られるためには、治験コーディネーターとして実務経験が2年以上必要です。

ですが看護師や薬剤師、もしくは臨床検査技師の資格を持っている方は、誰でも治験コーディネーターの仕事を目指すことができます。看護師などの資格は、それなりの経験、知識、そして能力が求められるものですから、治験コーディネーターも高い能力を要求されることになります。

資格はなくとも治験コーディネーターに就けますが、やはり資格取得は今後必要になってくるでしょう。というのは、その職には専門性が求められるからです。資格は本人の有する能力や知識を証明するものです。ぜひ資格取得を目指してみましょう。

CRCの年収と存在意義

治験コーディネーターつまりCRCの給与事情はどうでしょう。CRCを目指す方にとっては、お給料の相場は押さえておきたいところです。これはどの職業にも言えることですが、経験や認定資格の有無、そして勤務先によって違ってきます。

さてCRCは資格がなくとも就けることから、平均年収は400万前後と言われています。しかし、CRCの認定資格や経験の有無により、250万前後から600万以上という年収の開きに繋がっています。

つまり年収を考えるならば、国家資格でなくとも、CRC認定資格は目指すべきものなのです。ですが資格がない薬剤師や看護師でも相応の能力や経験などを持ち合わせていれば、CRCを目指すことは可能です。

しかし今後の業界としては、やはり資格を有する方を主に採用する傾向になりつつあります。またCRCにおける実務経験を2年以上取得すれば認定資格を得られますので、就職してから考えても遅くはないようです。

しかしCRCに転職を考えている方は、どうして目指そうと考えるようになったのでしょうか。まずCRCの存在は、製薬会社や医療機関、被験者にとって頼りになる秘書のようなものです。

製薬会社にとっては、実施計画から症例報告書が迅速にでき、またその内容の品質もとても良いものができます。CRCはさながら秘書のようなサポートで、医療機関と会社の連携の調整役になります。

医療機関にとっては、医師や看護師との業務の棲み分けができ、専門外の業務で負担がかかることなく効率的に動けるというメリットがあります。被験者にとっては、治験に関して充分な説明をし、また患者の不安などを解消するための窓口となってくれます。

上記のようなことを考えると、自分の能力と目指すべきものが自然にわかり、流れの中でCRCを必要とし、また目指したいということになってくるのではないでしょうか。

CRCを目指すにあたり、経験や能力がまだ足りないと自覚があるならば、研修をうけることができます。 研修制度を受け、転職支援のサイトなどでCRCの転職を目指しましょう。